STRENGTH 私たちの強み

GREETING
ご挨拶

 弊社は創業以来五十有余年、電気亜鉛めっきの品質向上をモットーに、
新技術の開発はもちろんのこと、機械設備の合理化・省力化と生産体制の充実を図ると共に、
公害防止対策にも真剣に取り組み、今日の業績に発展して参りました。
 現在の産業界を取り巻く厳しい状況の中にあって、お客様第一主義を貫き、
絶えず先取りの気概と更なる品質向上に、社員一丸となって研鑚に努め、
お得意様のご要望にお応えすべく、精進する所存でございます。
 今後とも一層のご支援ご愛顧の程、お願い申し上げます。

代表取締役 森 かおり

亜鉛めっき

亜鉛めっきとは、主に鉄の表面に施し、鉄よりもイオン化傾向の大きな亜鉛が
優先的に腐食することで、鉄の腐食を抑制するため広く利用されております。

電気めっき

電気めっきは、めっき浴中にめっきしたい製品を陰極(ー)にしてめっきする金属を陽極(+)にし、電気のエネルギーにより浴液中の金属イオンを金属として還元する方法です。

亜鉛めっき

鉄鋼材料はサビやすいことが最大の欠点であり防食用のめっきとして、亜鉛めっきが一般的に用いられています。亜鉛めっきは鉄に対して自己犠牲作用が働き亜鉛自らが溶解し、鉄の腐食(赤錆)を仰制することが出来ます。

化成処理

亜鉛めっき表面は比較的大気中で早く白サビが発生します。この為、亜鉛めっき後にクロメート処理(化成処理)が行われています。亜鉛めっきはクロメート処理との相乗効果により白サビの発生と亜鉛の溶解を仰制し、長時間にわたり素地である鉄の腐食を防ぐ働きをします。
弊社では六価クロムを含まない三価クロメート処理で三価クロメート、三価ユニクロ、三価黒色クロメートとROHS指令など、様々な環境規制に対応しています。

  • 三価クロメート
    三価クロメート
  • 三価ユニクロ
    三価ユニクロ
  • 三価黒色クロメート
    三価黒色クロメート

品質方針・ISO

品質方針について

国際標準のマネジメントシステムの運用により、品質・環境をはじめとする経営の重点課題を解決し、経営のパフォーマンスを継続的に改善していきます。
また、お客様をはじめとする地域社会から地球環境に至る全てのステークホルダー(利害関係者)の満足度を高めていきます。

ISO9001・エコアクション21

iso
登録証番号:JQA-QMA12247
登録日:2005年7月1日
iso
登録証番号 0012653

生産・技術紹介

めっき工程

めっきを行う製品は多種多様で、適切な前処理を行い素地表面の汚れを除去、地肌を露出させたうえでめっきを施します。熟練された技術とノウハウでお客様から預かった製品は100%良品を目標に納品させて頂きます。

後処理

めっき工程後、ベーキング処理による水素脆性除去、六価クロムを含有しない三価クロム化成処理、(三価クロメート・三価ユニクロ・三価黒色クロメート)RoHs指令等の環境規制にも対応しております。

脱水乾燥

めっき処理の後は必ず乾燥があります。当社では製品にマッチした乾燥方法を選択しています。製品形状、特性に合わせた乾燥方法の選択が可能です。工程に合わせモノづくりをするのではなく、モノに合わせ工程を作っていく。乾燥機にもそんなこだわりを持って生産をしております。

外観検査

安定した品質の製品をお客様にお届けするために、出荷する前「外観検査」を行っています。めっき工法と同様で工程検査にも長年の実績で培ってきたノウハウや管理ポイントがあると自負しています。“品質”を確認するためにはもっとも重要な工程作業になります。